トップへ » 院長について » 見えにくい矯正装置とは?

目立ちにくい矯正装置

歯の矯正をしたいけれど、矯正の器具が目立つのが気になるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
目立ちにくい矯正装置

当院では、一般的によく目にすることの多い通常の矯正装置に加えて、目立ちにくい半透明の装置や、歯の裏側に着ける装置「リンガルブラケット矯正装置(STb、FLB、クリッピーL)」を使った治療も行っております。

患者さんのご要望をお聴きして、お口の状態やライフスタイルに合った矯正治療方法をご提案させていただきますので、ぜひお気軽にご来院ください。

このページでは当院の目立たない矯正装置についてご説明します。

目立ちにくい半透明の矯正装置【審美ブラケット】

審美ブラケット
●メリット:装置が半透明で目立ちにくい
●デメリット:装置の表面積が大きくなる、吸水性があり雑菌が繁殖しやすい

透明感のある素材でできた矯正装置が「審美ブラケット」です。半透明なため、歯の色に調和し、装置そのものが目立たないことが特徴です。

当院では、更に「セルフライゲーションブラケット装置(クリッピー)」を使用しますので、痛みが少なく、効率よく矯正治療を行うことが可能です。

歯の裏側から矯正する【リンガルブラケット矯正装置(STb等)】

舌側(リンガル)矯正装置
●メリット:装置が見えない
●デメリット:治療期間が長くなる

矯正装置を人に見られたくない方にお勧めしたいのが「リンガルブラケット矯正装置(STb、FLB、クリッピーL)」です。

歯の裏側に矯正装置を着けることで、歯ならびを矯正することができます。装置を着けても、見た目が変わらないため、人気を集めている矯正法のひとつです。一方、「治療期間が長くなる」「慣れるのに時間がかかる」といった面もあります。

こちらにも「セルフライゲーションブラケット装置(クリッピー)」を用い、痛みの軽減、治療の効率化を行っております。

取り外しできる透明な装置【マウスピース型矯正装置(インビザライン)】

マウスピース矯正
●メリット:取り外し可能、目立ちにくい
●デメリット:カンタンな症例に限られる

透明のマウスピースを使った矯正がマウスピース型矯正装置(インビザライン)を使った矯正歯科治療です。1日20時間以上装着していただき、個人差もありますが、通常約2週間ごとに新しいマウスピースに交換することで、少しずつ歯を移動させていきます。

装置を取り外すことができ、ブラケットやワイヤーも装着しないため目立ちにくいというメリットがあります。一方、比較的カンタンな矯正にのみ対応するという面もあります。

カテゴリー一覧

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

トップへ » 院長について » 見えにくい矯正装置とは?


コールバック予約

PAGE TOP