トップへ » 院長について » 治療の時期・期間

【治療の期間】大人の歯科矯正の場合

個人差もありますが、矯正治療には通常2年〜5年、歯ならびが安定するまでの保定期間に5年程度かかります。
治療の期間

「もっと早く矯正を終えたい」という方の場合、お口の状態・治療方法によって、短い期間でできるケースもあります。たとえば、簡単な矯正、部分的な矯正の場合は、半年から1年ほどの期間でできることもあります。詳しくはご相談ください。

【治療の流れ】お子さんの歯科矯正の場合

治療の流れお子さんの場合、歯やあごの成長によって、かみ合わせも変化していきます。矯正治療は、あごの成長が終わる20歳くらいまでの長いスタンスで考えてください。

子供の治療は第1期と第2期に分かれます。

具体的な治療期間としては、「成長期に将来きちんとした噛み合わせを作る準備のための治療」に約1年、「成長終了後の仕上げの治療」に約2年、「歯ならびを安定させるための治療」である保定期間として約5年かかります。その間の成長観察期間を含めると、おつきあいは10年を超えることもあります。

長い時間のかかる治療になりますので、お子さんとご両親の目的意識、治療内容の理解がとても大切となります。

第1期治療(成長期)1年から1年半位
第2期治療(成長終了後)1年から2年位

当院の治療の流れについて

1.カウンセリング

はじめにカウンセリングを行わせていただきます。どんな歯ならびにしたいかなどの希望や、治療に関する疑問や不安をお話ください。

次へ
2.検査

レントゲン写真や歯型などを取り、どんな状態かを調べます。

次へ
3.診断

問題点を受けて、どのように噛み合わせを治していくかをご説明します。いくつかのゴールや方法が出る場合があり、各々の利点、欠点などをご説明いたします。気になる点などがありましたら、お気軽にお聴きください。

次へ
4.予防

数か月~数年かかることもありますが、治療を勧めながら行う場合もあります。また、治療の最中も一貫して予防は行っていきます。

次へ
5.動的治療開始

口の中に矯正装置をつける段階です。しばらくの間、歯ならびチェックと装置の調整を続けます。

次へ
6.治療終了

正しい歯ならびが確認できましたら、歯を動かす装置を外します。

次へ
7.保定

矯正した歯が元に戻らないように保定装置で固定して、噛みあわせがなじむのを待ちます。同時にメインテナンスも行っていきます。

次へ
8.メインテナンス

必要な方、希望される方には、その後の予防やメインテナンスを続けていきます。

次へ
9.終了

噛みあわせがなじむのが確認的出来たら、治療は一段落です。その後も希望があればメインテナンスを続けていきます。

カテゴリー一覧

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

トップへ » 院長について » 治療の時期・期間


コールバック予約

PAGE TOP