トップへ » 院長について » 治療の種類

ワイヤー矯正

歯科矯正治療の中で、最もよく行われているのがワイヤー矯正です。ワイヤー矯正

歯に接着したブラケットと呼ばれる装置に針金(ワイヤー)を結びつけることで、歯を動かしていきます。通常、歯の表側に装置を付けます。装置には目立ちにくい透明のプラスチックやセラミックでできたものもあります。詳しくはカウンセリングの際にお聴きください。

メタルブラケットメタルブラケット

●メリット:装置が小さい
●デメリット:銀色で目立ちやすい

一般的な歯科矯正で使われる金属製のブラケットです。金属であるため小さなことが特徴といえます。

目立ちにくい半透明の矯正装置クリアブラケット

●メリット:装置が半透明で目立ちにくい
●デメリット:装置の表面積が大きくなる、吸水性があり雑菌が繁殖しやすい

透明感のある素材でできた矯正装置です。半透明なため、歯の色に調和し、ブラケット装置そのものが目立ちにくいことが特徴といえます。

当院では更に「セルフライゲーションブラケット装置(クリッピー)」を用い、効率的な歯科矯正を心がけています。

【セルフライゲーションブラケット装置(クリッピー)】セルフライゲーション

●メリット:効率的な矯正が可能

当院では、すべての患者さんに、セルフライゲーションブラケット装置(クリッピー)という装置をご用意しております。

セルフライゲーションブラケット装置(クリッピー)は、ワイヤーと歯に固定するブラケットとの間で摩擦が発生しにくい設計になっているため、従来のブラケットより歯の動きがスムーズな装置です。

「歯にやさしく弱い力をかけ続ける」ことを可能にする装置といえます。


歯の裏側から矯正する【リンガルブラケット矯正装置(STb等)】

舌側(リンガル)矯正装置
●メリット:装置が見えにくい
●デメリット:治療期間が長くなる

矯正装置を人に見られたくない方におすすめなのが「リンガルブラケット矯正装置(STb、FLB、クリッピーL)」です。

歯の裏側に矯正装置を着け、歯ならびを矯正します。装置を着けても、見た目が変わらないため、人気を集めている矯正法のひとつです。一方、「治療期間が長くなる」「慣れるのに時間がかかる」といった面もあります。

こちらも「セルフライゲーションブラケット装置(クリッピー)」を用い、効率化を図っています。

取り外しできる透明な装置【マウスピース型矯正装置(インビザライン)】

マウスピース矯正
●メリット:取り外し可能、目立ちにくい
●デメリット:カンタンな症例に限られる

透明のマウスピースを使った矯正が「マウスピース型矯正装置(インビザライン)」です。個人差もありますが、1日20時間以上装着していただきまして、通常約2週間ごとに新しいマウスピースに交換することで、少しずつ歯を移動させていきます。

装置を取り外すことができ、ブラケットやワイヤーも装着しないため目立ちにくいというメリットがあります。一方、比較的カンタンな矯正にのみ対応するという面もあります。

より正確な治療ができる【歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療】

インプラント矯正歯のインプラント治療と同じように、あごの骨に対して、小さなネジやプレートを埋入する治療法が歯科矯正用アンカースクリュー(デュアルトップ・オートスクリュー、MIM)を用いた矯正歯科治療です。歯を引っ張るための支柱としてそれら用いることで、より効果的に歯を動かすことができるようになります。

●顎外力を使用しない
●治療法の幅が広がる(非抜歯の可能性)
●より正確(患者さん依存でない)治療ができる

などの特徴があります。


※薬機法対象外の矯正歯科装置であり、お薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

カテゴリー一覧

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

トップへ » 院長について » 治療の種類


コールバック予約

PAGE TOP