トップへ » 院長について » 見えにくい矯正装置とは? » 歯の裏側から矯正する【舌側(リンガル)矯正装置】

歯の裏側から矯正する【舌側(リンガル)矯正装置】

舌側(リンガル)矯正装置
●メリット:装置が見えない
●デメリット:治療期間が長くなる

矯正装置を人に見られたくない方にお勧めしたいのが「舌側(リンガル)矯正装置」です。

歯の裏側に矯正装置を着けることで、歯ならびを矯正することができます。装置を着けても、見た目が変わらないため、人気を集めている矯正法のひとつです。一方、「治療期間が長くなる」「慣れるのに時間がかかる」といった面もあります。

こちらにも「セルフライゲーションブラケット」を用い、痛みの軽減、治療の効率化を行っております。


トップへ » 院長について » 見えにくい矯正装置とは? » 歯の裏側から矯正する【舌側(リンガル)矯正装置】


コールバック予約

PAGE TOP