トップへ » 院長について » 治療の種類 » ワイヤー矯正

ワイヤー矯正

歯科矯正治療の中で、最もよく行われているのがワイヤー矯正です。ワイヤー矯正

歯に接着したブラケットと呼ばれる装置に針金(ワイヤー)を結びつけることで、歯を動かしていきます。通常、歯の表側に装置を付けます。装置には目立たない透明のプラスチックやセラミックでできたものもあります。詳しくはカウンセリングの際にお聴きください。

メタルブラケットメタルブラケット

●メリット:装置が小さい
●デメリット:銀色で目立ちやすい

一般的な歯科矯正で使われる金属製のブラケットです。金属であるため小さなことが特徴といえます。

目立ちにくい半透明の矯正装置クリアブラケット

●メリット:装置が半透明で目立ちにくい
●デメリット:装置の表面積が大きくなる、吸水性があり雑菌が繁殖しやすい

透明感のある素材でできた矯正装置です。半透明なため、歯の色に調和し、ブラケット装置そのものが目立たないことが特徴といえます。

当院では更に「セルフライゲーションブラケット」を用い、痛みが少なく効率的に歯科矯正を行うことが可能です。

【セルフライゲーション】痛みの出にくい最新式の装置セルフライゲーション

●メリット:痛みが少ない、効率的な矯正が可能

当院では、すべての患者さんに、セルフライゲーションという装置をご用意しております。

セルフライゲーションは、ワイヤーと歯に固定するブラケットとの間で摩擦が発生しにくい設計になっているため、従来のブラケットより歯の動きがスムーズで痛みが少なくなる装置です。

「歯にやさしく弱い力をかけ続ける」ことを可能にする、画期的な装置といえます。



トップへ » 院長について » 治療の種類 » ワイヤー矯正


コールバック予約

PAGE TOP