トップへ » 院長について » 症例集 » 受け口【反対咬合(はんたいこうごう)】

受け口【反対咬合(はんたいこうごう)】

反対咬合●口を閉じると、下の歯列が上の歯列よりも前に出る
●あごがしゃくれている
●うまく噛めない

上の歯に比べて、下の歯が出っ張っている状態を「反対咬合(はんたいこうごう)」と呼びます。一般的には「受け口」とも呼ばれているものです。成長期では2期に分けた対応を、成人で骨格的な問題が大きい場合には手術を併用して(その場合には健康保険の適応となります)治療を行っていきます。 反対咬合


トップへ » 院長について » 症例集 » 受け口【反対咬合(はんたいこうごう)】


コールバック予約

PAGE TOP