トップへ » 矯正歯科の気になるギモン » 歯ならびが悪いとなぜダメなの?

歯ならびが悪いとなぜダメなの?

●歯みがきがしにくいため、むし歯になりやすい
●きちんとした発音をしづらい
●噛みにくいので、消化が悪くなりやすい
●あごの変形などを引き起こすリスクがある
●口の周りの環境に悪影響を及ぼすこともある

上記のようなことは、必ず起こるわけではありません。しかし、口は食べたり、しゃべったりする大切な器官ですから、歯ならびが乱れていると他の部分にも影響が出る可能性は高いといえます。

スポーツ選手が行う矯正治療も、全身への影響を考えてのことです。いつまでも自分の歯で美味しく食べられるように、口の中の環境を整える矯正治療をご検討ください。


トップへ » 矯正歯科の気になるギモン » 歯ならびが悪いとなぜダメなの?


コールバック予約

PAGE TOP