トップへ » 院長について » 症例集

歯が凸凹に生えている【叢生(そうせい)】

叢生●八重歯が気になる
●歯ならびが凸凹している
●食べカスが残りやすい

あごの大きさと、歯の数や大きさがアンバランスな場合、歯ならびが凸凹になり、乱杭歯、八重歯などになってしまうことがあります。歯みがきがしにくく、むし歯や歯周病のリスクが高い状態です。
乱杭歯

受け口【反対咬合(はんたいこうごう)】

反対咬合●口を閉じると、下の歯列が上の歯列よりも前に出る
●あごがしゃくれている
●うまく噛めない

上の歯に比べて、下の歯が出っ張っている状態を「反対咬合(はんたいこうごう)」と呼びます。一般的には「受け口」とも呼ばれているものです。成長期では2期に分けた対応を、成人で骨格的な問題が大きい場合には手術を併用して(その場合には健康保険の適応となります)治療を行っていきます。 反対咬合

出っ歯【上顎前突(じょうがくぜんとつ)】

上顎前突●上の前歯が下の前歯よりも、前に突き出している
●上の前歯が出ていることで、口が閉じにくい

上の前歯が下の前歯よりも極端に出ている状態を「上顎前突(じょうがくぜんとつ)」と呼びます。一般的に出っ歯と呼ばれるものです。上顎の成長に対する下あごの成長不足や、上顎前歯の傾斜が強すぎることが原因といえます。

また、幼い子の場合、指しゃぶりの癖があったり、口呼吸をしている子供によく見られる状態です。外見の印象の悪さに加え、口が開いてしまうために、口腔内が乾燥しやすいというデメリットや、細菌感染や粘膜の炎症を招くリスクもあります。上顎前突

噛み合わせが深い【過蓋咬合(かがいこうごう)】

過蓋咬合●上の歯が下の歯を隠してしまう
●下の前歯が上顎の内側の歯肉を傷つけてしまう

噛み合わせが深すぎる状態のことを「過蓋咬合(かがいこうごう)/ディープバイト」と呼びます。幼少時代の早い時期に乳歯を失うことにより起こることもあります。

口を広げた時に上あごの歯肉が見え過ぎてしまったり、下の前歯が上あごの内側の歯肉を傷つけてしまうこともあります。下あごに負担がかかるために、顎関節症などのトラブルにつながることも少なくありません。 過蓋咬合

前歯を噛み合わせられない【開咬(かいこう)】

開咬●上の前歯と下の前歯の間に隙間ができる
●舌を前方に突き出す癖がある

歯で噛んだ時に、上下の前歯が被さらない状態を「開咬(かいこう)/オープンバイト」と呼びます。幼少期の指しゃぶりや舌を突き出す癖、口呼吸等が影響する場合もあります。

前歯で噛みにくいため、スムーズに食べ物を噛み切ることができません。そのため横の歯で噛み切るようになります。また、発音しづらいため、言葉が不明瞭で聞き取りにくいケースも見られます。 開咬

すきっ歯【空隙歯列(くうげきしれつ)】

空隙歯列●歯と歯の間に隙間がある
●言葉が発音しにくい(息がもれる)

歯と歯の間があいている状態を、一般的に「すきっ歯」と呼びます。原因としましては、あごの大きさに比べて相対的に歯が小さいことが上げられます。お子さんの前歯の隙間が気になるという親御さんもいらっしゃるのかもしれません。発育段階に起きる一時的な隙間であることもあります。気になる方はご相談ください。 すきっ歯

カテゴリー一覧

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

トップへ » 院長について » 症例集


コールバック予約

PAGE TOP